完璧な、映画。 かぐや姫の物語2013年12月15日

 すごい映画を、観たよ。
 徹頭徹尾、1シーン、1カットにいたるまで、後悔はないんだろうなあ。そういう、映画。
 
 かぐや姫の物語。
 
 宮崎駿が、苦手でね。
 いや、カリオストロの城っていう、不朽の名作を創った宮崎さんだから、苦手なのは、最近の宮崎さん、なのだけれど。
 とにかく、もののけ姫を観に行って、あんな面白くない(=エンターティンメントではない)、救いのない話が、興行収入1位の責任をとれるのか、って憤って以来、宮崎さんの新作は苦手なんだよね。紅の豚とか、テレビでやってたら喜んで観ちゃうんだけれどもね。
 まあ、興行収入1位は、宮崎さんのせいではないから(おかげだとは思うけれど)、ただの八つ当たりなのは百も承知、なのだけれどもね。
 
 だから、この前までやっていた、宮崎駿の新作はパスして。
 でも、この。
 高畑勲のこの新作だけは、やっぱりパスできなかったんだよね。
 
 高畑勲は、僕が物心ついたときには、既に神格化されていた演出家でね。
 パンダコパンダとか、ホルスとか、そういう、僕がリアルタイムで観ていないような作品についてどういういうつもりもないし。
 セロ弾きのゴーシュとか、火垂るの墓とか。中学校の時の感想文コンクールを思い出すような、教科書的な作品をあげつらうのではないけれど。
 そういうのが無意識に積み重なって。
 そうして、大人になってから観た、となりの山田くん。
 確か、公開の次の日に観に行った筈なのだけれども、広い映画館に、4人。高校生の時に男の友達と二人だけで見たグレムリン以来の不入り。
 でも、打ちのめされたんだよね。
 すごい手間と、最先端の技術を使って、4コママンガで十分表現できる狭い世界、小さなエピソードを、大の大人が、真剣に映像化している。
 その真剣さに打たれた訳では、たぶんなくってね。
 絵柄と、矢野顕子の鼻歌が醸し出す、脱力した雰囲気。その雰囲気を、パッケージして届けるのにベストな、これしかあり得なかった手法。
 簡単にできそうなのに実際には手間暇もお金もかかる。しかも成果は4コママンガの雰囲気の再現。
 そんなことに、そんなバカなことに。
 大まじめに取り組む大人がいるんだ。って。
 寒空の中、鼻歌を歌いながらほっこりして帰ったのを、良く覚えているよ。
 
 ああ、かぐや姫の物語、だったね。
 
 もう、ね。
 完璧。
 絶世の美女。顔も姿も見る前から、声と琴の音だけで、既に絶世の美女。
 そういう存在を、逃げずに真正面から美女として描いて。
 そして、それだけではなく。
 血肉通った、感情を持った人間として、確かに存在させて。
 
 長い映画の、どの一コマをとっても、ポスターとして、絵はがきとして成立するような、そしてそれが動き回る、奇跡のような画面。
 芸達者な役者さんの、優しくてあったかい、声。
 
 いいたいことは、あるよ。
 かぐや姫の声が、どうしても島本須美の声に聞こえてしまうとか、
 
 最後のほう、画面が滲んで、きれいな絵が堪能できないじゃないか、とか。
 
 
 せつない、物語なんだよね。
 かぐや姫の罪と罰。
 月から降ろされた罪と罰。
 地球をあとにしなくてはいけない、罪と罰。
 
(このあと数行、まだ見てない人は、読まずに劇場に行ってね。)

 そして、
 全ての感情に、なんの解決も与えられないままに、無情にかけられる、月の羽衣。
 全ての、終わり。
 
 感情にけりをつけられないままの状態を、せつない、って、呼ぶんだよね。
 久しぶりに、泣いたよ。
 せつなさに、思いっきり感情移入して。
 
 
 唐突な終わりのあと。
 なんのおまけもないスタッフロール。
 こんな大阪の、満員のシネコンなのに、誰一人席を立つこともなく、終演後の明かりが灯ったよ。
 すごい、映画だね。
 
 僕は、明かりが灯ってもしばらくは、まだまだ滲み出る涙を、シャツの袖で拭いていた涙をハンカチで拭き直したり、あまっていたポップコーンを食べたりして、立つことが出来なかったよ。
 
 
 もし、これからこの映画を観に行く人がいたら。
 もし、その人が、映画のパンフレットを買って、開演前に読む、という人だったら。
 この映画に限っては、パンフレットを先に読まない方がいいよ。
 特に、高畑勲さんのお話は。
 高畑勲が竹取物語に振りかけたスパイス。パンフレットで細かく解説してくれているけれど、それは、映画を観て味わった方が、言葉で語られるよりもずっとずっと、ずっとずっと良いと思うよ。
 僕は、見終わったあとで我慢できなくてパンフレットを買って、本当によかった、って思うよ。
 
 高畑勲さん。
 ありがとう。本当にありがとう。
 そして、よかったね。こんなものを、後世に残すことが出来て。
 
 万歳。
 
 ただ、それだけのはなし。

レ・ミゼラブル 〜雨音のノイズと長廻し〜2013年04月03日

 別の映画を見に行ったときにやっていた予告編、というよりもミニ・ドキュメンタリーみたいな紹介フィルムを観ていたからね。アカデミー賞にノミネートされたよ、っていう頃。

 だから、ただのミュージカルではない、っていう認識は持って、観に行ったのだけれども。

 

 まさか、こんな、とはね。

 

 物語は有名らしいのだけれど。名作嫌いの僕は、良く知らないんだよね、ものがたり。だから、どきどきはらはらした分もあれば、後から考えると、深読みしすぎて逆に理解しづらい部分もあったよ。例えば、銀の燭台の件とかね。ぬか喜びさせてあとが心配、とか思っていた僕は、心がきれいではないのだろうね、きっと。

 でも、そういうことが細かい、些細なことと思えるほど、引き込まれてしまったよ。

 それは、驚くべきことに。ストーリーにではなくて。唄って踊る、ミュージカル映画として引き込まれたんだよね(あんまり踊らないけれど)。

 

 歌も同時に録る、っていう撮影方法だから、(たぶん)必然的に長廻しとクローズアップが多い画面でね。

 ミュージカルイコールみんなが突拍子もなく歌い出す。だから観ている方が照れくさい、っていうのが、ウエストサイドストーリーまで含めて、僕の今までのミュージカルのイメージだったのだけれども。

 台詞を喋って、芝居をして。そのままの表情で歌い出す画と音声とで、その照れくささを感じさせることがなかったんだよね。この映画。(ラッセル・クロウの歌だけはちょっと照れくさかったけれど)

 つまりは、ストーリーと演技、そして歌にも自然に、何重にも感情移入できる、お得な映画だったってこと。

 

 お得とか、観ているときには考えることもなく、ただただ圧倒されてしまったっていうことなんだよね。

 

 失恋の歌に絡まる雨の音さえも愛おしい。久しぶりにコレクションしたい映画、だったよ。

 

 アカデミーの授賞式、作品賞ノミネート作で観ていたのはこれだけだったのだけれど、当然これがもらうものだと思い込んで、授賞式観ていたよ。

 余興でみんなで唄ってくれたので、賞はともかく大満足だったけれど。

 

 ミュージカルがちょっと苦手、っていう人にも、出来れば映画館で、観てもらいたいなあ。これでもかっていうアップ&長廻しの緊張感と、一発録りの臨場感。そういうのって、映画館じゃないと体感できないものね。

 

 ただ、それだけのはなし。



Running Pictures ~伊藤計劃の、冷凍された感情〜2013年02月19日

 僕は、iPad2を買ったときに、一緒に裁断機とスキャナーを手に入れてね。昔読んで、今は段ボールにしまってあった本とか、昔買って、まだ読んでいないで積んであった本とかを1000冊以上、pdfにしたんだよね。iPadで読むために。

 そんなことがあったから、iPadがあれば、Kindleなんていらない、って思ってたんだよね。Kindleの大きさでは、pdf化した本を、文庫であっても読むのは難しそうだったからね。

 ところが、Kindleの日本のサービスが始まってね。幾つかの本をダウンロードしてiPadで読むうちに。ああ、楽だなあ、って思うようになって。これから買う本は、Kindleのサービスが第一優先になるんだろうなあ、って。

 そしたら、それのための、軽くて安い、読みやすい端末があるんだったら買ってみようか、ってことになって。Paper whiteの3G無しのやつを買ったんだよね。

 そしたら、それが良くってね。

 今では、国内出張ならiPadの代わりにKindleだけを持ち歩くようになったよ。

 

 Kindleがあれば、もうリアルの本なんて買わないかな、って思ったんだけれどもね。現在のKindleの品揃えではそういう訳にもいかなくって。相変わらず、出張のたびに本が増えていくような状態なのだけれども。

 

 そんなこんなで、今日買って、帰りの新幹線で読みきった本が楽しかったから、紹介するね。

 伊藤計劃の、Running Pictures。


 伊藤計劃っていうのは、まずその名前が読めなくって取っつきにくかったのだけれども。本屋さんの、早川の棚に行くと、無愛想な黒い表紙に明朝体の文字だけが載っているカバーが幾つかあってね。虐殺器官とか、屍者の帝国とか。そういう何か物騒な、やけに印象的な本が眼について。

 あとで紹介することになるかも知れないけれど、Kindleで読んだ虐殺器官っていう長編小説がおもしろくてね。ただ、数年前に若くして亡くなってしまったようなので、ゆっくり味わいながら読んでいこうと思っているのだけれども。

 

 そんな伊藤計劃の、この本、Running Picturesはね、彼の個人ホームページの映画紹介欄の文章を文庫化したもののようで。本人曰く、評論ではなくて、紹介。

 普段はそういう映画やCDの紹介本って、ほとんど手にも取らないのだけれど。伊藤計劃(この時点で読み方分からなかったのだけれども)の英語名がProject Itohって書いてあるのに気が付いて。ああ、けいかくって読むんだ、って。

 それで興味を引かれて、パラパラと目次を見たら。

 はい、即レジに行きました。

 

 だって。

 紹介している映画が。

 どんぴしゃ、僕の趣味なんだもん。

 

 1999年から、2000年にかけての40本以上の映画。後にSF作家になる伊藤さんの紹介する映画は、有名どころのエスエフ映画が多くって。

 エイリアン4から、アルマゲドン、ガメラ3、スター・ウォーズEp.1。マトリックスからアイアンジャイアント。

 エスエフ以外だと、L.A.コンフィデンシャル、プライベート・ライアン、ファイト・クラブやグラディエーター。

 大作以外にも、SFサムライフィクション、トゥルーマン・ショーや御法度とか。

 僕的には、半分は劇場に行ったりDVDで持ってたり。そして残りの三分の二はWOWOWやテレビで、それも何度も見た映画たちばっかりだったんだよね。

 

 それは、20世紀の終わりの2年間に、僕が(多分輸入DVDに目覚めて)、映画をたくさん観ていた、っていうのもあるし、このラインナップをあらためて見てみると、10年以上の年月を乗り越えられたのもられなかったのもあるけれど、楽しい映画がいっぱいあったんだな、って。

 時代がDVDからBDに移って、ソフトを買い直そうかなあ、っていう真っ先に思い浮かぶのは、このころの幾つかの映画なんだよね。懐かしいだけじゃなくって、いまだにたまに見る映画。

 

 本の内容は、伊藤さんが(ほとんど?)自費で観た映画を紹介する、っていうだけのものなのだけれども。作家の視点から見た映画評は、好き嫌いだけではなくって、やっぱり面白いなあ。

 僕の好きなサムライフィクションや、アイアンジャイアントを絶賛してくれていて嬉しくなったり、同じく好きなアルマゲドンはけちょんけちょんで、でも紹介してるってことは実は楽しんだんでしょ、って突っ込みたくもなったり。

 

 SW Epi.1とかマトリックスとか。これ以降シリーズ化されたものは、その後どういう評価になるんだろうとか、シックスセンスのN.シャマラン監督の族策の評価は?とか、気になるなあ。

 

 現代から見た批評ではなく、リアルタイムの紹介。それを、若いSF作家(を目指していたプー?)の視点から読むのはすごく楽しくって。

 でも、一番楽しいのは、その時のの感情を冷凍保存して、あとで読み返せる自分自身なんだよね。

 

 という訳で。

 

 さぼっていたブログ。復活してみようかな。

 あとで解凍して読み返す、楽しみのために、ね。

 

 ただ、それだけのはなし。



巨神兵東京に現る 〜庵野館長の特撮博物館〜2012年10月21日

 ちょっと前になるけどね。

 庵野秀明館長の、特撮博物館に行って来たよ。

 もちろん、お目当ては、短編映画「巨神兵東京に現る」だったのだけれども。

 

 ちょっと行きにくいところにある東京都現代美術館、だったのだけれども、最寄りの地下鉄の駅から地上に上がったら、ものすごい懇切丁寧にMOTまでの道筋が案内されていて。それこそほぼすべての電信柱に、あと何メートルで右折とか左折とか。

 地域の気合いの入れ方、すごいなあ。別に特撮博物館のためだけではないのだろうけれど、こういう力の入った企画をたくさんするんだろうね。

 

 特撮博物館はね、その名の通り、特撮博物館。

 ウルトラマンやゴジラやガメラ、ライオン丸とかの特撮ヒーローものや、その間に一世を風靡した(らしい)「海底軍艦」なんかの総天然色空想科学映画に使われた、ミニチュア模型やらマスクやら、プラモデルパッケージ絵の原画やらが所狭しと置かれていて。

 僕の世代だと、物心ついたとき、ゴジラは既にミニラやカマギラスが活躍する(子供にとっても)お子さま向け映画になってしまっていたし、海底軍艦なんて遙か昔、日本沈没もタイトルくらいしか憶えていなくって。

 だから、特撮ものっていうのはイコール、テレビで見るものだったんだよね。

 あとは、さよならジュピターとかの、たまにあるエスエフ映画。あとは里見八犬伝とか、狙われた学園とか。これはなかなか、日本映画=しょぼい、っていうトラウマを作ったのはこのころのこういう映画のせいだね、きっと。

 

 少し大きくなると、復活したゴジラや、少し後になって平成ガメラや。特に平成ガメラは映画館でぶっ飛んだ記憶があるな。ノスタルジーではなくって、そのシャープなスピード感にね。

 

 っていう感じなので、大の大人が大喜びしている最初の方の展示(撮影用模型など)は、ああ、そういうモンもあったんだねえ、という感じでほぼ素通りしたのだけれど。

 その模型に、背景がつくようになってきて。平成ガメラの磔から先、ミニチュアセットの展示は、面白かったなあ。

 街のセット、民家のセット。いろんな大きさの電信柱。撮影用遠近法のために実際とは異なる縮尺の高速道路とか。大小様々なセットを、どうやって取っておいたんだろう、って見ているうちに。

 でっかい、折れた東京タワー。廃墟と化した町。

 巨神兵東京に現る、の待合スペースに置かれた、巨大セット。とはいえ、撮影用ではないと思うのだけれども。

 無残に折れた東京タワー。折れてなかったら5mくらいあるのかな。倒壊したビル群。ビルの裂け目からは蜘蛛の巣のような糸が垂れていて。

 これは、巨神兵の粘液か、と期待は膨らむよね。

 

 映画は、カーテンで仕切られた奥のスペースで上映していて。爆発音と林原めぐみのセリフが聞こえてくる。

 短編って云うのは、どのくらいの短さなんだろう。わくわく。

 何しろ、タイトル以外、なんにも知らないからね。

 

 前回上映が終わって、スタッフロールも全部消えるまで待ってよう、と思ったら出遅れて、立ち見になってしまったよ。まあ、椅子はほんのちょっとしかないのだけれど。

 

 ということで、スタジオジブリの最新短編映画、「巨神兵東京に現る」。はじまりはじまり。

 

 まあ、この映画はね。

 別にストーリーがどうとか、演出がどうとか、そういうことではなしに。

 怪獣が町を破壊し尽くす。それを、今流行りのCGを使わないで、トクサツだけで俺たちがやったらこんなことが出来るんだよ、っていうでもフィルムみたいなモンだからね。

 だから、内容はどうでもいいのだけれど。

 

 巨神兵。

 僕のイメージでは、筋肉解けながらのたうつ、粘液デロデロ崩壊寸前な生き物、だったのだけれども。

 スリムな身体に引き締まった筋肉をまとって、口からメカメカしたビームを吐くヒト型ロボット。ロンギヌスの槍のような棒を持ち、大空から団体で降りてくるところはそう、エヴァ量産機。

 林原めぐみの感情のないナレーションと相まって、この秋の映画が待ち遠しくなっちゃったよ。

 

 あ、巨神兵の映画だね。

 先にも書いたけど、僕にとって特撮映画って、テレビで見るもの、なんだよね。平成ガメラとか、スター・ウォーズ・クラシックスは特撮映画なのだけれど。

 それとはちょっと違って、この巨神兵は、テレビで見ていた、ウルトラマンの頃の特撮映画の匂いがぷんぷんしたんだよね。

 ビルが崩れていくところとかすごいんだけれど、スライム吹き出して倒れるビルとか、ぬいぐるみの犬とか。

 現実を再現するのではなく、デフォルメしてトクサツの決まり事のなかで、すごいことをやってやる、っていう楽屋落ちの雰囲気がすごくあってね。

 

 つまり、いい大人が見に来てはいけないものだったのではないか、っていう疎外感。やっぱり子供をだますためのものなのか、っていう寂しさを、味わったよ。

 

 そのあと、この映画のメーキングを、そのセットの展示と並べて流していたのだけれど。

 崩れるビルをリアルに表現するための、300本のワイヤーで一つ一つの窓をつったセットとか。一瞬ですべてを崩すために、特殊ガラスで裏打ちしたセットとか。

 すごい手間と智恵を集めてるんだね。

 面白かった。

 

 三谷幸喜の、ラジオの時間、みたいな映画に、このメーキングに詰まった技術をのこせないかな。

 

 展示の最後は、何十人も入れる、おっきな東京のセット。

 並んでる時間がなかったから、中には入らなかったけれど、外からでも十分、楽しかったよ。

 


 もう東京では終わっちゃったけど、地方巡業を検討中なんだって。

 見逃しちゃった人がいたら、メーキングも併せててお楽しみあれ。

 

 ただ、それだけのはなし。



3D de リバイバル タイタニックとスター・ウォーズ2012年05月02日

 旧作の、3Dリバイバルが流行っているのかな。

 それとも、限られた映画と、それを作ったクリエイターに与えられた、特権なのかな。

 

 どっちか分からないけれど、とにもかくにも、この二本が公開されて、そして、観てきたよ。

 スターウォーズ・エピソード1 ファントム・メナス。

 そして、タイタニック。

 

 どちらも、いわずと知れた。

 観ずに死ねるか映画。

 

 3D映画って、古くはVHDの時代からあったし、IMAXや、ディズニーランドのキャプテンEOとかではずっと前からやっていたけれど。

 でも、普通の映画館で気軽に観られるようになったのは、やっぱりアバターからで。

 それが発掘した市場。それにともなって技術の方もどんどん進歩したんだよね。

 きっと。

 

 僕は、IMAXやキャプテンEOはもちろん観ていたけれど、普通の映画館で観たはじめての3Dは、アバターで。

 いや、その前にあゆのライブがあったのかな?

 とにかく、3Dのためにステレオカメラで撮影した映画を最初に観て。

 キャメロン監督の、安易な3Dかに対する疑問や、予告編で観たバイオハザードのちゃっちい3D画像などを見るにつけ。

 2Dで撮った映画は、3D化するものでは無いのではないか、と思っていたのだけれどもね。

 

 でも、やっぱり。

 ルーカスやキャメロンといった、最新技術を常に映画に取り込んで革命を起こしてきたクリエイターたちが、自らの責任で作った3D映像を観る機会。

 そして何より、劇場で観て、VHS、LG、DVD(バージョンが変わるごとに何度も)、BlueLay、BSデジタルと何度でも機会があるごとに観てきた大好きな映画。

 これを映画館で観ることが出来る機会。

 それはやっぱり、見逃せないよね。

 


 まずはスターウォーズ。

 エピソード4から6の、クラッシック三部作には及ばないけれどもね。劇場に2回見に行ってDVD,BlueLay、BSでやったハイビジョン版と、何回も観てきたおなじみの映画。

 全体的に、3D処理は理性的でね。ジャージャー・ビンクスが目の前に飛び出してくることもなければ、戦闘機の破片を思わずよけるようなこともほとんどなくって。

 それよりは、奥行き。

 SWの代名詞であろう、タイトルロール。字幕が漆黒の宇宙に吸い込まれて消えていく。その奥行き感。

 映画の公開前、QuickTimeで航海されてすり切れるほど観た予告編の、ナヴーの草原に並んだ陣営。

 せわしないチャンバラの迫力もそうなんだけれど、そういう景色の色調がSWで、それに集中して、違和感なく魅せるために3Dが効果的に使われていたんだよね。

 嬉しかったなあ。

 

 そして、そのSWにトレイラーが上映されていたタイタニックは、SWに比べるとちょっと立体感を演出しすぎなのかな、という印象を受けたんだよね。

 SWのパンフレットにも、タイタニックの方はもっと立体感を強調している、みたいな解説が載っていたしね。

 

 だから、ちょっと怖かったのだけれど。

 でも、タイタニックだしね。それで見逃すのは、もったいなさ過ぎ、だよね。

 


 もう15年くらい前なのかな。

 3時間以上もあって、上映回数的には圧倒的に不利なのに、あれよあれよと世界の興行成績を塗り替えていった怪物映画。

 最初に観たときには、まだ若くて生意気でとんがっていたから、ただのラブコメ+パニック映画、とか思っていたのだけれど。

 それでも、VHS,LD,DVDを2種類、出るたびに買って。WOWOWとかでやっていて、チャンネルが合うたびに時間のある限り観て。

 最初からでなくても、どこから観ても30分だけでも面白い。何度観ても面白い。

 岩井俊二がなんかのインタビューで、「娯楽性しかないっていうけれど、娯楽映画ってそんな物。女子校生のリピーターで数を稼いでいるっていうけれど、娯楽の多い女子校生が何度も見に来る、そこを見習うべき」みたいなことをいっていて。ああ、素直に評価してもいいんだ。って。

 

 今回、久しぶりに映画館で観たけれど。

 3時間以上の映画なのに、急展開の連続と言えるほどの垂れなさ加減。

 何度も見ているのに、全然飽きない、画面の心地良さ加減。

 サラウンドの轟音と、奥行きを持った3Dの臨場感。

 テレビではのっぺりしてその大きさ故に逆にリアリティをなくしていたタイタニックそれ自体も、映画館で観るとやっぱり存在感と迫力があって。

 その中で、若いレオとケイトが走り回る。沈みゆく船の中で垣間見れる人々の大きさ、小ささ、やさしさ、姑息さ。

 

 最初に観た15年前から、僕が大人になったのか、変わらないのか分からないけれど。

 救命ボートに顔を隠して飛び乗る船舶会社の社長。それを観て見ぬ振りをする船員。最後の瞬間にホールの時計を合わせる設計者。抱き合う老夫婦。来世のしあわせを子供に語りけるお母さん。何度も解散し、その度に、他にすることがないからと演奏を続ける楽団員。

 迷子の幼子を抱き上げて、父親の振りをして救命ボートに乗り込む捨てられたフィアンセを含めてね。

 みんな、生きていて。みんな、愛おしかったよ。

 

 結局、3Dがどうとか、そういうことは関係なくてね。

 この、タイタニックという映画が、15年という年月を軽く飛び越えて。そして、この先何十年という年月も、軽く飛び越えて、名画と呼ばれることになるんだろうなあ。

 少なくとも、僕の中では。って。

 それだけを、確認したよ。

 もちろん、沈みゆく船頭に引きずられてそそり立つ船尾。その高さの臨場感。それは3Dならではのものなんだろうけどね。

 

 それよりも、これだけの時を置いてから、名画座の古びたフィルムではなくて、フルレストアした作品を、全国規模でみせてくれる。

 そういうイベントとしての3D化。大歓迎だな。

 

 いつか、デジタル配信があたり前になったら、デジタルの名画座が出来て。100人集まったら好きな映画をオンデマンドで上映する。

 そういう世の中になるのかな。

 

 やっぱり映画は、スクリーンで観なくちゃ、ね。

 

 ただ、それだけのはなし。