三品先生の、センサーネット構想2016年12月10日

 このごろ刊行ペースが上がってるのかな。

 本屋さんに行くと、三品先生の新しい本がいつもある気がするのだけれども。

 

 その中から、面白そうな本、読んでみました。

 

 モノ造りでもインターネットでも勝てない日本が、再び世界を驚かせる方法 センサーネット構想

 三品和広 センサー研究会  東洋経済新報社 (2016/2/26)

 


 三品先生の本は、バリバリの学術書・指南書と、軽く読める読み物系に大別されるのだけれども。これは読み物系。

 

 製造業、という産業を軸にして。

 産業革命で世界を制覇したイギリスを、なぜアメリカは逆転しそのまま引き離したのか。

 そのアメリカを逆転した(ように見えた)日本は、なぜ再逆転を許してそのまま鳴かず飛ばずなのか。

 その間に、製造業のボトルネックは、どう推移していて、各プレイヤーはどのような対応を取って(あるいは取らずに)いるのか。

 

 そういう、産業の歴史の推移が、わかりやすく説得力を持って、何より面白く読めるようにまとめられていて。

 遅読の僕には珍しく、数日で読み通したよ。

 

 その歴史の上に来るのがセンサーネット構想、というほどセンサーネット構想自体にピンとは来なかったけれど。

 でも、個人情報を気にする必要のない、センサーの情報によるビッグデータの生成。というのはよく分かるなあ。

 

 久しぶりに神戸大、遊びに行こうかな。

 

 ただ、それだけのはなし。